新時代のロック・スター:パウリ(Vo&G)率いる強烈バンド
THE BLANKO(ザ・ブランコ)!!
「モダン・レトロ・ロック」の息吹がここに!
叙情的なメロディとヘヴィなリフが交錯!

THE BLANKO は、パウリ:Pauli Hauta-aho (guitar & vocals), ヤッケ:Jakke Saarinen (drums & backing vocals)そして、マルコ:Marko Haataja (bass)のフィンランドの3人で2006年に結成した。。彼らのバンド名「THE BLANO:は何も書かれていないキャンバスに、メンバーが各々の個性という名のカラーをつけていく、というアイディアから関連付けて名付けられた。

2007年に、EPを発表し、フィンランド国内で大きな高評価を得、多くの新しいファンを獲得する。2010年夏にフィンランドのインディー・レーベル「RATAS MUSIC GROUP」とレコード契約を果たしたことにより、彼らの新しい章が始まった。

2010年末に、フィンランドの音楽業界関係:100の組織/コンサート・プロモーター、レポーター、エージェント、レコード会社のA&R などの投票で行われた「将来を約束された12のバンド」の一つに選出され、また、パウリがフィンランド国営放送YLEにて、「2010年のフィンランドのベスト・ギタリスト」にデビュー前にも関わらず2位に選出されるなど注目を集め、2011年春(国内盤は2011年11月)デビュー・アルバム「FLYING COLOURS」を発表。

<デヴュー当時のマネージメントによるバンド紹介コメント>
ギタリスト兼シンガーのパウリは、フィンランド国内で一番注目されている新時代のギター・ヒーローである。アルバムで聴ける天才的な感性によるリフとギター・ソロと、感性豊かな彼のヴォーカルは素晴らしい。彼は、バンドのメインソングライターであり、彼の書いてきた曲は、ヤッケとマルコとの3人によって、様々な色合いがつけれら完成していく。ドラマーのヤッケはバンドのアグレッシヴなビートを刻む、バンドの心臓のようなものだ。「フィンランドのキース・ムーン」とも呼ばれるほどの実力者。マルコがベースを弾けば、まるで悪魔が摂りついたかのような、冷静かつ強靭なサウンドを叩きつける。

彼らは、ワイルドかつ自由奔放なスタイルを持ち、プログレッシヴ・ロックのエッセンスさえもスパイスにし、正に聖なるトライアングルを形成する、時代を揺るがす突然変異のトリオ・ロック・バンドだ。

デビュー作での個性あふれるサウンドは、MUSE、DIZZY MIZZ LIZZYやJIMI HENDRIXなどが引き合いに出されて比較され、「モダン・レトロ・ロック」と称されて絶賛を浴びる。特に第1弾シングルの“You & I”国営放送でヘヴィ・オン・エアーされ人気を獲得。多くのフェスティヴァルにも出演し、ライヴ・バンドとしての地位も獲得するに至る。日本でのデビューも果たし、”You & I”は衛星放送WOWOWでのPV番組「MUSIC BREAK」にも選出され、日本での人気も高まった。

そして、デビュー作から3年、セカンド・アルバムとなる「イントゥ・ザ・サイレンス(INTO THE SILENCE)」を発表。その甘美なメロディと、ヘヴィなサウンドはデビュー作同様に素晴らしい内容に仕上がっている。

2014年5月にはFINLAND FESTがサポートするイベント"LOUD & METAL ATTACK"で初来日を果たし、壮絶なライヴ・パフォーマンスで観客を虜にした。<*来日前にベーシストがイリィ・ティッカ(JYRI TIKKA)に変更になった。>

Photo
More_arrow
Movie & Photos
More_arrow
Discography
イントゥ・ザ・サイレンス (原題: INTO THE SILENCE) THE BLANKO
「イントゥ・ザ・サイレンス (原題: INTO THE SILENCE)」

20140709
品番 QIHC-10058
定価 ¥ 2315+税
税抜き価格 ¥ 2315

フライング・カラーズ (原題:FLYING COLOURS) THE BLANKO
「フライング・カラーズ (原題:FLYING COLOURS)」

skip>>

firstview

skip>>